読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たとえ誰に否定されたって

カトゥーン時々アラシ

「早く充電完了して、スマスマに来てね」

わたしにこの話題を取り上げるほどの語彙力があるとは到底思えないので言及すべきでないとは思いながら、1つだけ言いたいことがあるので手探りで書き始めています。もし誰かを傷つけてしまうことがあればすぐに記事は下げます。

 

 

ハッキリ言って、SMAPのことは正直全然わからない。自分がドンピシャよりもやや下の世代だからとはいえ、ジャニヲタになるのに通っていない道なのだ。わたしがジャニーズの輝きに気付いた頃、SMAPは道の途中になどおらず、すでにアイドルとしてトップにいたからかもしれない。それでもそんなわたしが曲を口ずさめるほどの浸透力は本当にさすがとしか言えない。

よって、この報道について言及するには持っている情報が少なすぎるのと今回の情報もどこまでが真実なのかはわからない*1のでそこに触れるのはやめておこうと思う。

 

人生で最悪の日となった2015年11月24日以降、「もう(KAT-TUN)好きとか簡単に言うのやめる」ってわざわざ連絡くれたり(「えっ何で?応援してよ~!」と返信したがスルーされる不憫)、「入口出口…」とだけラインくれたり(何て返しゃいいんだよ…)まあまあの嫌がらせ(笑)を受けた。相手は無意識だろうし、同じジャニヲタとして何か連絡しないとって思ってくれたのかもしれない。何を言われても別に怒ったりはしなかった。何より当時反論するだけの元気が全然なかっただけだけど。

わたしの周りがそんな感じだったように、自分の応援しているグループ以外に起こったことなんて他の人には関係ないし、関係ないと思われるのは仕方のないことなんだ、と思って気にも留めずにいた。

でも、SMAP担さんたちだけは違った。

KAT-TUNが充電期間に入ると発表されたあと「CDいつ発売?買うよ!頑張って!」って声をかけてくれたのは、他の誰でもないスマ担さんたちだった。わたしの友達にスマ担はいない。わたしが目にするスマ担はつまり友達として同情してくれているのではなく、全然知らない方たちが、他Gなんて構ってる場合じゃなかっただろうに「KAT-TUNSMAPの後輩だから」と気にかけてくれていた。実際にCD買ったよって言ってくれる人だってたくさん見た。

「早く充電完了して、スマスマに来てね」

何よりも、この言葉を思い出して涙が出た。

 

1月、「大丈夫大丈夫、公式(=中居くん)がまだ何も言ってないから!」と断言しているのを見て国民的アイドルと言われるだけの人たちを応援してるだけある…次元が違う…と恐れ入ったことを今でも覚えている。今回の事態になって、さすがに荒れているだろうな…と思ったらシューイチでこの件について話した中丸くんに対してお礼と謝罪を述べていたのでまた涙が出た。どこまで優しくて強いのだろう、と。

 

そういえばこういうときのジャニヲタにありがちな内紛を全然見かけない。誰かを犯人にしたり誰かのせいにしたりっていう心の汚い部分ダダ漏れのアレ。恥ずかしながらKAT-TUN担にはそれがあった。*2 自分たちが見てきたSMAPだけを信じているのは当たり前のことのようで意外と出来ない。1人のジャニヲタとして見習うべきだと思ったし、こんなときでも我々にあるべき姿を教えてくれているスマ担さんたちがあまりにも大人で、どうかこれ以上傷つくことのないようにと願うばかりである。内容は違えど、期間としては同じ約4ヶ月のカウントダウンを経験した身としてファンが声を上げることが本当に大事だということを知っている。微力でも何かの糧になるのであれば応援したいしお金だってハガキだってなんだって出したい。

SMAPKAT-TUNの先輩だから」。

 

*1:誰と誰が不仲等のメンバーだけを責めるものはすべて信じない、という当たり前の情報取捨は出来ています。嘘ばっかり!

*2:どのGにも一定数いると思われるほんの一部の人たちだけです。やつらは何かにつけてそんな感じだからわたしはKAT-TUN担と思ってないけどな!あっちいけ!